ランチは「ネコ丼大盛り」で 

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北

<<   作成日時 : 2011/07/23 22:49   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 第2の故郷、いや、第3かな――、第4くらいかなぁ……、仙台に行ってきました。





 仙台在住の友人+その友人の3番目の奥さん候補の方と3人での小旅行。

 そんなメンツになるとは思っていなかったんだけどね。





 気象予報士の端くれとして、震災の爪痕をこの目で確認したかったのです。





 向かったのは、仙台の北東、女川町(おながわちょう)。





画像


 ここは女川の商店街だったそうです。

 これらの建物は、屋上まですっぽり津波に飲み込まれたとのこと。







画像


 ここは商店街から内陸に広がった住宅街だった場所。

 なにもありません。








画像


 最初は気付かなかったんですが、横倒しになっているんですよ、ビルが。

 左側の海に向かって倒れていることから、おそらく津波が引く力で倒れたのでしょう。
 






画像


 小高い丘の上にある女川の病院。

 ここの1階まで津波が押し寄せたそうです。

 ざっと20メートルの津波。

 車で丘の上まで避難してきても、多くの方々が引き潮にさらわれていったという話。








画像


 女川の体育館にはいまでも大勢の方々が避難していました。

 友人は、ここで支援活動を行っています。

 自衛隊のお風呂の施設は、四国からやってきた自衛隊が設営していました。








 津波は、山国育ちの自分には到底想像できない災害です。

 もし、気象予報士として当日の放送を担当していたら、自分はいったいどんな原稿を書いたのだろうか。

 おそらく、マニュアル通りに「高台に避難してください」くらいのことは書いたと思う。

 しかし、当初発表のマグニチュードから推察して、正直、20メートルもの津波が来るとは想定しなかったはずです。

 通常時の「津波警報」は“オオカミ少年”のように、結局5センチだったとか10センチだったとか、被害が少ないケースが多く、自分の中でも「北海道南西沖地震」の奥尻島以外は経験がないのです。

 いまは気象予報の仕事はしていませんが、災害報道は結局、予報士や報道デスクの経験やセンス、イマジネーションが鍵を握るのだろう、と思いました。

 それと同時に、ケータイでの緊急速報をさらに柔軟に運用でれば、もしかしたらもう少し人的な被害を抑えられたのかも、などとも考えました。








画像


 仙台市に戻ってきました。

 若林区の荒浜です。

 ここは仙台市民の海水浴場として有名です。

 いま、浜には近づくことができません。







画像


 荒浜地区は仙台の中心地にも近い新興住宅地でした。

 それが、まるで遺跡の発掘現場のようです。







画像


 周辺の畑(田んぼ?)には、津波で流されてきた自動車がゴロゴロと転がっています。

 あれから4か月たって緑の草が一面に生い茂っていますが、津波の直後はこの辺り一帯も泥一色だったそうです。












 今回、なぜわたしは仙台を訪れたのか――、






 それは、













画像


 2番目の目的は、志の輔の落語を聴くためだったりします……。


 志の輔、スゴイ!


 ボクは小三治が一番好きなんだけど、志の輔もスゴイ!


 「ガッテン」のイメージはきれいサッパリ消えちゃうくらい、とにかく面白い。









 今回、石巻市の中華料理店でたらふく食べて、仙台の寿司屋でもたらふく食べて、ケーキもグイグイ食べて、牛タンもバクバク食べてきました。


 特別な支援活動は何もしていません。


 東北に旅行して、普通に飲んで食べて笑って楽しんで――


 いま、地元の人はそういうことを望んでいるような気がしました。

 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもにはない、すべて真面目なブログでしたね。
いいたびをしてきたようですね。
私も最近、落語を聞きたい気分のときがあります。
ああじゃん
2011/07/24 14:32
>ああじゃんさん
ニコ動ででも志の輔を検索して聞いてみてください、たぶん笑います。
ネコ丼
2011/07/24 23:02
お疲れ様でした。
正直ビックリしました。テレビで見てはいたものの、横倒しのビルはショックでした。
私もこの夏は東北行ってお金使ってこようかな。

しろちゃぷ
2011/07/25 08:30
女川の最新映像ありがとうございます
私にとって思い出の地であります
前より少し片付いたようです
私もこれと言って支援できていませんが、女川、東北の復活を願ってます。

途中下車
2011/07/25 10:39
>しろちゃぷさん
やはり報道だけではほんの一面しかわからないと痛感しました。
あの直後は、津波で流された多くの車の中に人がいたそうです。
ネコ丼
2011/07/26 01:16
>途中下車さん
コメント、ありがとうございます。
現地の方も、これでもだいぶ片付いた、とおっしゃっていました。
あまり報道されませんが、いまでもボランティアの方々が大勢いらっしゃっていました。
ネコ丼
2011/07/26 01:19
観光産業に従事している方も多いでしょうから、現地にで直接金を落とすことは大事だと思いますよ。
ぐ@おつかれさま
2011/07/26 06:50
>ぐ@おつかれさまさん
支援を長続きさせるためには、自分もちゃんと楽しめる方法がいいよね。
ネコ丼
2011/07/26 22:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東北 ランチは「ネコ丼大盛り」で /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる